街中でお馴染みの鳩は害鳥と認定【駆除業者に対策してもらうと解決】

業者に見積もりを依頼する

3人のスタッフ

自宅やマンションなどに鳩が住み着いてしまうと、鳴き声による騒音被害にあってしまいます。数十羽くらいの規模になると非常にうるさいので、駆除業者に対策してもらう必要があります。

詳しくはこちら

駆除するための道具の種類

女の人

ベランダに侵入してしまうと巣を作る可能性が高いです。鳩の侵入しているスペースによって対策方法が少し変わるので、料金なども変わってきます。対策方法は駆除業者と話し合って決めると良いでしょう。

詳しくはこちら

口コミを参考にする

鳩

中途半端な鳩対策をしてしまうと、逆に利用されてしまう可能性が高いですし効果が薄くて意味がないこともあります。良い業者を探すときは口コミと評判を参考にすると良いでしょう。

詳しくはこちら

番号を調べて問い合わせ

ハト

日本にはいろいろな鳩の種類がいます。山や都会に生息する種類が一般的ですが、最近では都会に生息する鳩による被害が大きいです。鳩による被害の種類はたくさんありますが、その中でも糞による被害が目立ちます。街中でお馴染みの鳩は害鳥と認定とされます。人が住んでいる自宅やマンションなどのベランダなどでとまって糞をしたり、家の近くの電線で糞をして自宅の玄関前を汚したりなどさまざまです。糞は汚いだけでなく病原菌などが含まれているので注意が必要です。触れたり直接臭いを嗅いでしまうと人間の体内に侵入して病気を引き起こしてしまう場合もあります。また、糞の匂いは非常に臭いのでベランダなどに出ることができなくなり、洗濯物などを外に干すことができなくなることもあります。鳩は同じ場所に糞をする習性があり、対策をしないと何回でもとまって糞をしに来ます。自分で対策するには市販の対策グッズを購入してできますが、できない場合は駆除業者に依頼したほうが良いでしょう。駆除業者に依頼するには電話で問い合わせる必要があります。電話番号を調べる方法はたくさんありますが、インターネットで調べると効果的です。インターネットなら検索して業者のホームページを見ることで確認が簡単にできます。また、インターネットがなくてもタウンページでも探すことが可能です。タウンページは電話番号の他にも住所も載っているので、自宅から一番近い駆除業者を探して対策を依頼できます。自分のやり方で依頼すると良いでしょう。